2013年1月 情熱大陸 -YouTube Veoh MEGA-

最近の記事

情熱大陸

情熱大陸 ものまねタレント 福田彩乃【動画】(2013.1.27)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 ものまねタレント
 福田彩乃
【放送日】
 2013年1月27日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
 ローラや綾瀬はるか、長澤まさみなどのものまねで大ブレイクした福田彩乃。実は4年前まで愛知県で派遣社員として働いていたが、リーマンショックの影響で「派遣切り」に遭う。ハローワークに通いながら受けたオーディションをきっかけに芸能界入りし、去年、爆発的な人気を得た。  そんな福田にとって2013年はまさに勝負の年だ。番組では、その“新作ものまね”製作過程に完全密着し、出来上がったものまねを番組内で初披露してもらうことに・・。更にその感想をツイッターで募集し、放送中に福田がリアルタイムでコメントするという生放送ならではの新たな試みに挑戦する。さていったい、何が飛び出すやら・・。初挑戦づくしの「情熱大陸」をどうぞお楽しみに。
何度も作品を見て、特徴を捉えようとしている姿がすごいなって思った。
ただ制作の過程でも意見として出ていたように、完成した作品にも面白さがなかった。
最近のCMのものまねの方が、若い世代にも分かりやすいのではないだろうか。
<以上引用>


続きを読む

情熱大陸

情熱大陸 作家 田中慎弥【動画】(2013.1.20)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 作家
 田中慎弥
【放送日】
 2013年1月20日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
ちょうど1年前に第146回芥川賞を受賞し、会見で「もらっといてやる」発言が話題となった作家・田中慎弥。終始不機嫌そうな表情に加え、高校卒業以来アルバイト経験も無く“引きこもり”ながら小説を書いてきた経歴なども相まって一躍注目の的となった。あれから1年。番組では、芥川賞受賞後初となった新作への取り組みを始め、田中の「いま」をお伝えする。小説のための東京・秋葉原での取材や、担当編集者とのリアルな意見交換。そして大手出版社が持つ、とある“執筆部屋”に缶詰にされながらひたすら書き続ける様子など、今回、田中は創作の“キモ”となる場面を私たちのカメラの前にさらした。そこには、いまだ鉛筆書き、携帯もパソコンも持たずにひたすら書き続ける、まるで"昭和の文豪"のようなストイックな姿があった。そして、あの「不機嫌会見」のイメージとはかけ離れた田中の知られざる素顔にもご注目戴きたい。
作家、田中慎弥。「村上春樹が死んだら世界中で悲しむ人がいるけれど、自分が死んでも誰も困らない。喜ぶ人がいるかも知れない。悲しむ人がいるから死なないんじゃなくて、自分が死んだら喜ぶ人がいてそいつらを喜ばせたくないから死にたくない。」→笑った。実にいい。本当に。
<以上引用>


続きを読む
タグ:作家

情熱大陸

情熱大陸 書家 紫舟【動画】(2013.1.6)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 書家
 紫舟
【放送日】
 2013年1月6日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
凛とした佇まいに、端正な顔立ち。今、国内外で注目されている女流書家“紫舟”をご存知だろうか。大河ドラマの題字を始め数々の印象的な作品を生み出し、紙のみならず最新のテクノロジーを駆使するデジタルクリエイター、猪子寿之とコラボレーションした全く新たな”書”のアート作品などを発表。パリコレや国際会議といった世界的な舞台でも、その作品が高い評価を集めている。  番組では、日本の伝統的な”書”の世界では異彩を放つ彼女の内面に迫ろうと、その作品作りの現場に密着する。新作製作のため、床一杯に広げた和紙に何十回、何百回とある文字を書き続ける紫舟。書いては物憂げに宙を見つめ、また書く…。何人たりとも寄せつけない”霊気”のようなオーラを発しながら、やがて作品が完成する一部始終をカメラが追った。時代の先端を走る女流書家のインスピレーションの秘密とは一体?
書家、紫舟さん。お名前だけは知っていたが、書を書く姿を「情熱大陸」で観て感銘。。一筆の迫力!霊的なものすら感じる。絵は書よりも筆数が多いが、一筆一筆に対して書のような念を込めたい。非常に勉強になりました。
<以上引用>


続きを読む
タグ:書家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。