2012年8月 情熱大陸 -YouTube Veoh MEGA-

最近の記事

情熱大陸

情熱大陸 ヴァイオリニスト 木嶋真優【動画】(2012.8.26)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 ヴァイオリニスト
 木嶋真優
【放送日】
 2012年8月26日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
 ヴァイオリンのため、わずか12歳でドイツに渡った一人の少女がいま「クラシック界の新星」として欧州で熱い注目を集めている。木嶋真優25歳、ケルン音楽大学を首席で卒業、幼い数々のコンクールで高い評価を得て来た期待の新人だ。だが、世界中から優れた才能が集う本場ヨーロッパで、ソリストとして生き残っていくのは至難の技・・。番組では木嶋が大学卒業後、最初の試金石となる7月の有名音楽祭でチャンスを掴もうとする姿や、伝説のヴァイオリニストによるオーディションの模様などをお伝えする。  また、普段はドイツ1部リーグのボルシアMGでプレーするサッカーの大津祐樹選手ら同世代との日常の交流など、欧州を拠点に活躍する20代の素顔にも大注目だ。
ヨーロッパで活躍する25歳の女性ヴァイオリニスト。畑は違えどサッカー大津ら“欧州組”で励ましあう姿も・・。
<以上引用>


続きを読む

情熱大陸

情熱大陸 ノンフィクション作家 石井光太【動画】(2012.8.19)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 ノンフィクション作家
 石井光太
【放送日】
 2012年8月19日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
  ノンフィクション界で新世代の旗手として呼び声高い石井光太。20代から海外を放浪し、極貧のスラムに生きるストリートチルドレンや麻薬中毒者、物乞いといった最底辺の人々の営みを描き注目を集めた。東日本大震災では、釜石の遺体安置所を取材。家族や友人たちが次々に遺体となって運び込まれる安置所の極限状況を追った壮絶なルポルタージュ「遺体 震災、津波の果てに」が高い評価を受ける。  番組では日々忙しく飛び回る石井の取材現場に密着。マレーシアでは覚せい剤所持で死刑判決を受けた日本人女性に接触し、その肉声を初めて日本のメディアに発表した。さらに、太平洋戦争で家も両親も失った東京・上野のかつての浮浪児たちを訪ね歩き、今までほとんど記録に残されてない貴重な証言を引き出した。  「うわべの事実を眺めているだけでは、真実は見えてこない」という信念を持って世界を描こうとする、気鋭の書き手の素顔に迫る。
8月19日の情熱大陸は、石井光太さんです。
『飢餓浄土』しかまだ読んだことがないけど、とても興味深いノンフィクションを書く方です。
<以上引用>


続きを読む

情熱大陸

情熱大陸 作家 戌井昭人【動画】(2012.8.12)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 作家
 戌井昭人
【放送日】
 2012年8月12日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
小説を書き始めたのはわずか3年前から。それまでは東京・浅草の団子屋でバイトをしては旅に出る生活を続けていた。初めて書いた小説『まずいスープ』が芥川賞候補になって以来、作品を書けば賞候補に名を連ねる実力派作家に。一方で97年に自らが旗揚げしたパフォーマンス集団『鉄割アルバトロスケット』は寸劇、不条理劇、ダンスなど、独特の世界観を持った怒涛の演芸パフォーマンスで人気を博している。  彼の物語に出てくる登場人物たちは間抜けで一見常軌を逸したアウトサイダーだが、読むにつれて人生のおかしさや哀しみがじわり滲み出す。番組ではこの夏、惜しくも芥川賞を逃した戌井の最新作『ひっ』が出来上がるまでの製作過程に1年間かけて密着。何故今この時代に人は戌井の物語を読みたくなるのだろうか?その魅力を紐解く30分。
作家・戊井昭人。ここ数年芥川賞候補の常連に名をつらねながら…3度目の落選。。でもいつかは取るぞ金メダル!時代がこの男の小説を求める訳とは…。
頑張れ芥川賞!!応援してます 松竹梅のチェリオを飲んでいる部分で、懐かしい中学生時代を思い出しました!
<以上引用>


続きを読む
タグ:作家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。