2011年8月 情熱大陸 -YouTube Veoh MEGA-

最近の記事

情熱大陸

情熱大陸 キュレーター 林綾野 (2011.8.28)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 キュレーター
 林綾野
【放送日】
 2011年8月28日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
ゴッホ・ピカソ・モネ・フェルメール・・・名画に秘められたメッセージを読み解き、人々に伝える『伝道師』になりたいと語る気鋭のキュレーター。日本では余り知られていない職業だが、専門的な美術の知識を元に展覧会の企画・運営全般を担当する仕事で、アーティストと社会の架け橋的な存在として欧米では非常に認知度が高い。
 林の名前が注目され始めたのは名画の中にある“料理”をリアルに再現したレシピ本の執筆だ。ゴッホの絵に描かれたタマネギから、当時彼が食べたかもしれないスープのレシピを考案し、フェルメールの名画『牛乳を注ぐ女』に描かれた材料の数々から、絵の中の女性がその先に作ったであろう“あるお菓子”を蘇らせる。
 また、現在京都で開かれている「フェルメールからのラブレター」展にもPR担当として関わっている林。修復後、世界初公開となった名作『手紙を読む青衣の女』をアピールしようと、オリジナルのアイディアを出し始める・・。
 芸術の秋を目前に、これまでとはちょっと違った目線で美術館を訪ねたくなるドキュメンタリーだ。
<以上引用>


>>

情熱大陸

情熱大陸 漁師 海人三郎 (2011.8.21)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 漁師
 海人三郎
【放送日】
 2011年8月21日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
 沖縄の海を駆け巡る伝説の漁師・海人三郎(うみんちゅ・さぶろう)。ダイナミックな海の男の日々に密着!

 沖縄・石垣島で生まれ育った潜水漁師。海人(うみんちゅ)とは「漁師」を意味する沖縄の言葉で本名は「下地清栄(しもじせいえい)だが、漁が上手な家の三男坊だったことからついたあだ名が「海人三郎」というワケだ。素潜りをし、銛や水中銃を操って腕一本で魚を付く「潜水漁」は体力は勿論、高度な技術や膨大な魚の知識が必要だが、1日500キロもの魚を獲った事もある三郎は伝説的な存在だ。
海が大好きで「死ぬまで潜るサ」と笑う57歳、南国の大海原で繰り広げられる漁師の「男道」に迫る。
<以上引用>


>>
タグ:漁師

情熱大陸

情熱大陸 生物フォトジャーナリスト 藤原幸一 (2011.8.14)

情熱大陸【ゲスト プロフィール】
 生物フォトジャーナリスト
 藤原幸一
【放送日】
 2011年8月14日 放送
【ナレーション】
 窪田等

【内容】
1978年「世界遺産」第1号に認定された南米・ガラパゴスがその後歩んだ悲劇を皆さんはご存知だろうか?豊かな自然とユニークな動物達の姿を見ようと世界中から観光客が怒涛の如く押し寄せ移住者も増加。その結果、ゴミや生活排水によって環境汚染が広がり2007年「世界危機遺産」に登録されてしまう。その後、保護政策が実施され去年、ようやく危機遺産リストからは外されたが、現在もゴミ処理問題などに悩まされ続けている。
 そんな『人間による環境破壊と、人間との共存に苦悩する野生動物の実像』に20年以上にわたってカメラを向けて来たのが藤原幸一だ。「ゴミの山で餌を探すイグアナ」「餌付けされたペリカン」など見る者の胸に迫る写真が話題を呼び、5000部売れれば上等と言われる写真集の世界で常に2万部を売り上げ、出版の依頼も後を絶たない。
 今年6月、日本でも小笠原諸島が「世界自然遺産」に登録されたニュースが記憶に新しいが、私たちは藤原が映し出した「滅び行く動物達の現実」から、何を学べば良いのだろうか。
<以上引用>


>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。